• KWC

「キャプテンアメリカ」って誰よ?

6~7年前のこと、日本の友達とご飯を食べていたら、映画「#アベンジャーズ」の話になりました。友達もご多分に漏れず、#ハリウッドアクション映画 は好きみたいですが、こと「#アベンジャーズ」に関しては一つ腹落ちしないことがあるようで、その点について私に質問をしてきました。


#キャプテンアメリカ って、あれ誰?」


彼にとって、「#ハルク」はそれなりに認識があるし、「#アイロンマン」は「#アベンジャーズ」の前に何回か単体映画で見ている、「#マイティ・ソー」は何かの神話で知ってるような知らないような、、、という感じでキャラをそれなりに受け入れてはいたのですが、第一回目の「#アベンジャーズ」の前に一回だけ映画になった「#キャプテンアメリカ」は、まだ彼にとってなじみが薄い。ある意味急に出てきたにもかかわらず、リーダーシップを取って他のキャラクター全員に指示したりしているのがどうもしっくりこないようでした。


#キャプテンアメリカ」は、アメリカでは、「#ハルク」や「#アイロンマン」にも負けず劣らず、#アメコミ でも重要キャラクターで、子供たちにも大人気です。映画中でも「#SHIELD」のエージェントである「コールソン」が「#キャプテンアメリカ」に対して熱烈な尊敬の念を表すシーンもありますね。個人差はあれ、アメリカ人で「#キャプテンアメリカ」を嫌いな人はいないでしょう。


10年以上前のこと、当時知り合いだった #ニューヨークポスト の記者が、「キャプテンアメリカ・死す」という記事を書きました。見せてもらった原稿には、キャプテンがボロボロになって倒れている絵が大きく載っていて、それについて分析っぽい内容の記事が書かれてました。当時、私はアメコミも何も知らなかったのでキョトンとしてましたが、彼は本当に友人が死んだかのように落ち込んでいる様子でした。


#キャプテンアメリカ」はひとえにアメリカのいい部分、最も重要視する価値観の権化とでも言いましょうか、アメリカ建国以来途切れることなく連綿と受け継がれてきた信念を、そのまま具現化した存在とも言えるかもしれません。勇気、リーダーシップ、決断力、統率力、やってみるという前向きな行動力、愛、その上肉体的にも精神的にもめっぽう強い。自由を愛し、まじめだけど若者だから少しジョークも通じる。これらのクオリティーをバランスよくすべて持っている人間は、即座に自他ともに認めるリーダーになりえるのが、アメリカの価値観ですし、だからこそ、ある意味「急に」出てきなにもかかわらず、いきなり「#アベンジャーズ」の主要な存在たり得るのでしょう。


日本的価値観からすると、キャプテンをして「急に出てきてなにあれ?」と、私の友達のように、出る杭のように捉えられるかもしれません。そこは、まぁ、実際は「#キャプテンアメリカ」もアメコミ界の一キャラとして、それなりに長いこと存在しているものの、日本ではあまりなじみもなかったことも相まって、日本人の自分としても大いに共感するところはあります。ですから、彼のこの質問に対して、端的に答えるのにとても苦労しました。


#ハリウッド映画 は、もちろん英語の勉強にもなりますが、アメリカの価値観を知る上でも非常に優れた媒体だといえます。見ていてどうもよくわからないとか「?」と感じるところは是非ググってみると興味深い発見があるかもしれません。



0 views0 comments

Recent Posts

See All