• KWC

和の心?何のこと?

よく異文化コンサルのウェブサイトで「#日本の和の心」に関するフレーズをたまに見ますが、私はこれをビジネスに重ねるときに少し矛盾を感じます。


私は #ニューヨーク にて、米系・日系両方の会社で働きましたが、どちらも日本人とかかわる局面がありました。アメリカ人と日本人が一緒に仕事をする席で気が付いたことがあります。結論からいきましょう。


結論:日本人は合わせない


例えばですね、相手を呼ぶとき。ご存じの通りアメリカでは上司でも下の名前(ファーストネーム)で呼ぶことが多いですが、日本では逆ですよね。上司が、例えば、「武田鉄夫」さんだとして、「鉄夫課長」とか言わないですよね。「武田課長」が普通ですよね。

アメリカでは逆ですね。例えば「John Smith」が上司だとして、通常は「John」ですね。日本ぽく「Mr. Smith」と呼ぶと、違和感がありますね。アメリカでは「Mr.」とか「Mrs.」とかつけて上の名前(ファミリーネーム)で人を呼ぶとき、これは、相手がすごく目上の時とか、あるいは、お爺さん・お婆さんくらい年齢が離れている場合じゃないでしょうか。アメリカではすごくフォーマルな場所でない限り、職場ではファーストネームを使うのが一般的です。


私も #ニューヨーク 長いので、学生生活・社会人生活通じてファーストネームで呼ばれることに慣れきっています。たまにファミリーネームで呼ばれると、なんか凄く歳を取ったみたいで違和感を覚えたものです。


日本人はこれを知ってか知らずか、職場では「Mr.」や「Ms.」(「Mrs.」にしないのはいい)をつけて相手を呼んでいたのをよく見ました。アメリカ人の同僚にこっそり聞くとこう言いました。


「別に気にしないよ、まぁ確かに少し違和感はあるけど、日本ではそれがふつうなんだろ?」

#ニューヨーク では日本食も普通に食べられているし、日本食マーケットも少なからずある、そして、日本の文化はメディアなど通じても若者をはじめ浸透してますから、その辺「日本の普通」なんてことは認識している人も多いのです。

そのせいか、アメリカ人が日本人を呼ぶとき、なんと「~さん」をつけてくる人が多くいました。初めて聞いたときは「Takeda-san」とか言っているから、その「San」は何のことか全然聞き取れなかったのを覚えてます。


おわかりですよね、日本人はアメリカ人をラストネームで呼ぶことで、自らの風習・習慣を変えておらず、一方のアメリカ人は日本人を「San」付けで呼ぶことで、相手の風習・習慣を取り入れている。


日本人とアメリカ人が同席する、例えば会議などで、何か、アメリカ人にうまく言いくるめられているような気がして、私はこのことにおいても強烈に違和感を感じましたし、日本の文化である「#和の心」はどこに行ったのか、、、職場ではそれは存在しないのかと思ったものです。日本でアメリカ人が働くなら「San」付けはありだと思いますが、ここアメリカでそれをやるとはなんとも小賢いというか、、、それをある意味喜んで是としている日本人のその人のご満悦ぶりに、ちょっと狭量に過ぎるとも思いました。


ビジネスの場でも学生生活においても、国際的にやるということは、クリティカルにものを捉え、フレキシブルに行動することが望ましいと思いました。



0 views0 comments

Recent Posts

See All